風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #667

leave a comment »

ーもしもし。
 いきなりのもしもし。会話の途中からじゃない。
ーもしもし、思い出せる?
 何をかな。
ーいろんなこと。
 大丈夫、ぜんぶ思い出せるよ。
ー嘘つき。
 でも、ぜんぶ思い出せるよ。
 きみは少し考える。
ーじゃあ。
 ぼくは少し身構える。
 きみはふふふと笑う。
ーぜんぶ思い出してもらえるんだものね。
 ぼくもふふふと笑う。
ー信じたげる。時がきたら昔話を楽しもうね。
 ぼくは大きく頷いて、きみのおでこにキスをする。

Written by ken1

2020/09/27 at 20:03

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #666

leave a comment »

ーねぇ、パリ行こうっ。
 来年ね。
ー今日、行くの。
 予約に行くのかな。でもまだ受け付けてないよ。
ー今日のね、夕方からパリに行くのよ。
 そう言って、きみがURLとパスワードの書かれたメッセージを送ってきた。
ーオンラインでライブのパリツアーがあるの。
 ライブか、朝はもう肌寒い季節になっているんだろうな。
ーもしもし、行くよっ。
 そうだね、行こうっ。
 きっとますます1日も早くまた行きたくなるんだろうな。
 きみからのパリへのお誘い、とってもうれしくなったぼくがいた。

Written by ken1

2020/09/20 at 22:23

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #665

leave a comment »

 夏の終わりに体調を崩した。
 毎年、夏バテからのほんの少しの体調不良は起こすけど、
 今年の体調不良はなかなかのもの。
 いまだに全快とは言い難い。
ー病院行ったぁ?
 行ったよ。
ー来週の遠出の予定は大丈夫かなぁ。
 大丈夫だよ。
ーもしもし、あなたはいつも大丈夫って言うのよ。
 でも、毎回大丈夫だよね。
ーまぁね。
 今回のきみが半信半疑なのがよく分かる。
ーマフィン焼こうかな。
 きみなりの気遣い。
 ほんと大丈夫だから。

Written by ken1

2020/09/12 at 19:35

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #664

leave a comment »

 そういう日もあるよ。
 ぼくがきみに、そう伝えた。
 いつもなら、きっと逆の立場なんだろうけど。
 今日は、ぼくがきみにそう伝えた。
ーそうかな。
 そうだよ。
 毎日は違う日の繰り返し。
 似てることの繰り返しに思えても、毎日は違う時間。
 だから、
 そういう日もあるよ。
 そんな日も間違いなく明日につながっている。
 そして明日には何らかの形で前に進む。
ーもしもし。明日を楽しみにしていいのかな。
 もちろん。
 きみの口元に少しだけ笑みが戻った。

Written by ken1

2020/09/06 at 18:53

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #663

leave a comment »

ーいつまで着けとくのかな。
 きみが答えの出ない質問を投げかける。
 いいんだよ、周りに人がいなければ。
 いいんだよ、ぼくの前では。
 ふふふと、きみが笑って続ける。
ーこれでお化粧ごまかしてるの。
 もともとそんなにお化粧してないでしょうに。
ーうぅん、気持ちの問題なのよ。
 そういうものなんだ。
ーでもね、いつだってこれを外せる準備をしておくことにしたの。
 ぼくの前には美容サロンのチラシが置かれた。
ーもしもし、えらいでしょっ。
 そうだね、ものは考えようとはよく言ったものだね。

Written by ken1

2020/08/30 at 19:25

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。