風、空、きみ

talk to myself

Archive for 10月 10th, 2005

首を振るそのひとの娘

leave a comment »

 どうしようもないことだった。ぼくはそのひとの娘にそう切り出した。
「たぶん」
「うぅん、きっとそうよ」
「どこかで言ったほうがいいのかな」
 そのひとはきっと娘の母親だろう、それを伝えてみた結果は娘の首を横に振らせるだけだった。
 その夜は何に対しても首を横にふるだけになってしまった娘と、それでも体を重ねることだけは忘れなかったぼくが、それぞれに悩んでいた。

 朝日がぼくの部屋に差し込み始めたころ、そのひとの娘はつぶやいた。
「ほっときましょ」
 憑き物が取れたような表情だった。
「いずれそのときが来たら」
「来たら」
「わたしたちは初対面って顔をすればいいだけでしょ」
 そのひとの娘は形のいい胸をタオルケットで隠すと、ベッドから起き上がった。
「あぁ、今日もいい朝だね」
 そのひとに似ている性格が少しずつ見えてきたなぁ、とぼくは思った。

Written by ken1

2005/10/10 at 17:54

カテゴリー: her

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。