風、空、きみ

talk to myself

MARIE ANTOINETTE

with 2 comments

マリー・アントワネット。ソフィア・コッポラ監督。主演は「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト。さすがソフィア、おしゃれでポップに仕上がっています。ほんと次々に出てくる衣装は目の保養です。2006年アカデミーの衣裳デザイン賞は頷けます。音楽も耳を楽しませてくれます、一緒に踊っちゃいそう。でもね、それだけ。波乱万丈なストーリーはかけらも見受けられませんでした。これじゃ消化不良だよ。とにかく衣装をお楽しみください、すばらしい。

Written by ken1

2007/08/05 @ 14:43

カテゴリー: cinema

2件のフィードバック

Subscribe to comments with RSS.

  1. あれ?変わってないけど?

    いいね

    t2

    2007/08/05 at 16:24

  2. だけどはじかれたんですよ、不思議と。リセット後はすんなりと今まで通り。摩訶不思議。

    いいね

    ken1

    2007/08/05 at 23:33


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。