風、空、きみ

talk to myself

promise #60

leave a comment »

.flickr-photo { border: solid 2px #000000; }
.flickr-yourcomment { }
.flickr-frame { text-align: left; padding: 3px; }
.flickr-caption { font-size: 0.8em; margin-top: 0px; }


, originally uploaded by only alice.

 おれは街に戻ると、普通に生活を始めた。普通の高校生として、普通の息子として、普通の男の子として。
 
「泉堂は先日旅行先で亡くなったそうだ。ご両親から連絡があった。密葬をすでに済ませているとのことなので」
 担任は迷惑そうな表情で言葉を続けた。教室内のざわめきの中、おれはあーくんの机を静かに見つめていた。
「小早川、お前、知ってたんだろ。いつもつるんでたんだからさ」
 同級生が友だち面して聞いてきた。
「知ってたら、何だって言うのかな」
ーなんだよ、こいつ。
ー昔からそうだよ。
ー相手にするのやめようぜ。
 教室の端の方にそんな声を感じた。
 ほんとの友だちじゃないやつの声は聞こえるって本当なんだな、おれはあーくんや麗奈の言葉を思い出した。

「明くんは残念だったな」
 父親が元気づけようとしてくれた。
「大丈夫よ。明くんはいつも祐二くんのこと、見ていてくれるから」
 母親もとても心配しているのがわかった。
 おれはふたりに、ありがとう、と言った。
「すぐに行かせてくれたから、間に合ったんだ。感謝してるし、ぼくは」
 でも、涙をこらえるのが精一杯だった。
 母親は夕飯はおれの好物だと、父親はビールを冷蔵庫から出しておれにすすめてくれた。
 もう大丈夫だよと、おれはビールを一口飲むと、ふたりにそう伝えた。

 葉子との関係だけが、変わってしまった。
 あーくんとの約束、それはこれからずっと実現させ続けるには難しいことだと感じていた。
 あーくんは麗奈のことが大好きで、麗奈の笑顔を絶やさないように、麗奈の側を選んだ。
 おれはどうだろう。
 おれも麗奈のことが好きだったことには、変わりない。ただ、あーくんほど飛び込める勇気はなかったし、飛び込むことを思いもつかなかった。自分で本当の自分の気持ちに気づかなかったのかも知れない。麗奈のことが好きなくせに、素直に口に出せなくって、葉子と付き合っていたのかも知れない。
 葉子がいつか思っていた気持ち、聞こえてきた響き、
ーじゃあ、祐二は誰のことが好きなの。
 葉子がいなくなってはじめて、葉子の勘は当たっていたんだろうな、と思うようになった。
 葉子とはこの街に戻ってくると、自然消滅的に、会う回数も減り、メールのやりとりもなくなってしまった。

「ハコちゃんと一緒にレイと明くんの墓地に毎年献花するんでしょ」
 隣で寝息を立てていたおねえさんが背後からおれの首元に唇をつけ、そうしなさいと言ってきた。
「それが明くんとの約束なんでしょ」
 おねえさんの柔らかな乳房が、おれの背中に優しく触れる。葉子と入れ替わるように、一人暮らしを始めたおねえさんとたまにこんなことを繰り返す。
ーハコとは別れたんだよ。
「ひとりじゃだめかなぁ」
「だめでしょ」
「おねえさんとじゃ」
「もっとだめ」
 誰かに言っておかないと、そのまま心の奥にしまい込んじゃいそうな、そんな弱いおれが、一度だけおねえさんに打ち明けたことがあった。
 それがあーくんとの約束、葉子には言えなかったその約束、さっきおねえさんがそうしなさいと言ったこと。
「今年こそ、ハコちゃんと連絡をとりなさいよ。去年も連絡してないんでしょ」
「もう連絡先も変わってるよ、きっと」
「そうかなぁ、まだこの街にいるよ、ハコちゃんは。たまに見かけるもの」
 おねえさんのベッドの上で、白く柔らかな素肌を目にしながら、変な気持ちがおれを包む。
「遠慮しなくていいのよ。わたしは隣のおねえさん」
 笑顔でそう言ってくれたおねえさんとおれは、唇を重ねた。

ーハコ、今年は連絡をするよ。ちゃと電話に出てくれるかな。
ー何言ってるの。わたし、ずっと待っているのよ。
ーあれからなんとなく気まずくなってただろ。
ーやっぱり明くんのことはショックだったもの。
ーうん。
ーわたしたちが優しい気持ちで手をつないでいないと、明くんも麗奈も安心できないよ。

 夢を見ていた。
 おねえさんのベッドで目が覚めると、おねえさんはもういなく、テーブルにメモが残っていた。
ーハコちゃんに連絡とりなさい。まだ間に合うわよ。楽しかったわ。
 まったくなぁ、苦笑いをしながらおれはそのメモを読んだ。
ーでも、そうかなぁ、うん、きっとそうだよね、由香ねえさん。

 通りに出ると、もうお昼近くで、残暑の陽射しはまだ肌に刺さるように痛かった。
「もしもし」
 少し日陰になっているガードレールに寄っかかり、ケイタイに向って葉子への言葉を復唱してみる。復唱だけでもけっこう勇気が必要だった。
「もしもし、祐二だけど」
 もう一度繰り返す。少し胸がしめつけられる気がした。
ー何やってんだよ、ゆうちゃん。
ーえっ。
 ケイタイから顔を上げると、腕を組んだあーくんと麗奈が向かいのガードレールに腰かけて、笑顔でおれを見つめていた。

(完)

Written by ken1

2007/09/30 @ 09:18

カテゴリー: promise

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。