風、空、きみ

talk to myself

Midnight Zoo #1

leave a comment »

 航は信号の赤い色で頬を染める晴香を見ていた。
 街灯もないこの交差点、唯一の明かりが信号だった。
 信号待ちをする車もなく、この時間、人通りもない交差点、航は赤い光を晴香の左目にも見つけた。
「帰るね」
 晴香は航の頬に右手を添えると、ふわりと交差点をわたりはじめた。
 思っていたよりもひんやりとした晴香の掌を頬に感じた航は、晴香の言葉でスイッチが入ったかのように、踵を返してさっきまで晴香といたバーに戻った。

「おや」
 どうして戻ってくるんだろう、と宙に浮くような声がカウンターの中から聞こえてきた。
 自分でもなんで戻ってきたのか説明もつかない航は、さっきまでと同じウイスキーを頼んだ。
 ふわりと歩き始めた藤崎晴香のことを知らないわけではなかった。
「ただ」
 知っている限りの、
「いや」
 ほとんど知らない、名前くらい、名字だけはかろうじて記憶にあった。
 真ん丸の氷が沈んだ、浮かぶというより、たしかに沈んだウイスキーグラスが航の視線に入ってきた。
「ひとりごと、ひとりごと」
 マスターは笑いながら軽くおかきの山もさし出してくれた。

 大通り沿いを夜風に当たりながら、と言えば聞こえは良いが、新聞配達が動き出す前あたりの時間を、少し危うげな足取りで航はマンションに戻った。
 ドアを開けると、玄関に桜子の靴が置いてあった。
「おかえり」
 リビングから頭にバスタオルを乗せ、航のパジャマを着た桜子が現れた。
「終電なくなったので、寄らせてもらったわ。ちょうど今シャワーから出たところよ」
 悪びれる様子もなく、いつも桜子はとつぜん転がり込む。
 そして自分が飲んでいたミネラルウォーターを航にさし出した。
「さんきゅ」
 航もいつものこととしてグラスを受け取り、二口ほど喉を通す。
 航は桜子に続いてリビングに入り、ソファーに腰を下ろした。

「何かあったでしょ。うれしそうな、でも、不思議な顔してる」
 のぞき込むように桜子が航の前にひざまづいた。
 濡れた髪、白いうなじ、胸の谷間、航は桜子を引き寄せ強く唇を重ねた。
「それも楽しいことだったのかしら」
 からめた舌で唇を軽く舐めた桜子は興味津々に聞いてくる。
「藤崎って覚えてるかな」
「どこの」
「高校時代の隣のクラスの藤崎、たぶん」
「さぁどうでしょうねぇ」
 桜子は「ふふふ」と笑って航のシャツのボタンに手をかけた。

続く

Written by ken1

2008/11/24 @ 18:49

カテゴリー: zoo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。