風、空、きみ

talk to myself

ALICE IN WONDERLAND

leave a comment »

アリス・イン・ワンダーランド。ティム・バートンとジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター。でも、それほど存在感なかったなぁ。ミア・ワシコウスカの顔色の悪さばかり気になりました。少女から大人になる、のがテーマでしょうか。いろんなところに理由付けが見えず、まぁワンダーランドだからいいのか、なーんか消化不良となりました。この手の作品でのジョニー・デップの演技もマンネリ化。「チャーリーとチョコレート工場」はよかったのになぁ。残念。ちなみに3Dの必要性はまったく感じませんでした。チェシャ猫は好き。

Written by ken1

2010/05/09 @ 11:02

カテゴリー: cinema

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。