風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #143

leave a comment »

「またおみくじ、引くんでしょ」
 きみがぼくのとなりで笑っている。
「毎回どっかでおみくじ引いて、どれを信じるのかなぁ」
 きみが少しだけ不思議そうな顔をする。
 ぼくは「だからさ」と言いながら、巫女さんに100円玉を2個渡す。
 きみは「ははん」とものしり顔でぼくに近づく。
「巫女さんとの会話が目的でしょ」
 ぼくは「だからね」と少しだけ苦笑いをしながら、おみくじを開く。おや、末吉。
 振返るときみも巫女さんに100円玉を渡している。
 そして、
「もしもーしっ、もしもーしっ」
 きみはしたり顔で、開いたおみくじをぼくに見せた。
「大吉です。おすそ分けしたげます」
 そんなきみの笑顔を見ていると、
 確かにぼくの末吉も大吉に見えてくるから不思議なものだ。

Written by ken1

2010/06/20 @ 19:03

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。