風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #152

leave a comment »

こんな夜中に、きみのもしもしを思い出してみる。
おねだりするときのもしもし、確認するときのもしもし、問い正すようなもしもし。
甘い声のときもあったし、尖った声のときもあった。泣きそうな声もあったね。
その他にもまだまだいろんなバリエーションのもしもしを聞いてきた。
どのもしもしをとっても、きみがきみであることに間違いはない。
きみはいつから、そんなにもたくさんの意味を込めて、使い分けているのだろう。
きみのもしもしを聞く毎日が楽しくってしょうがないんだ。
早く夜が明けないかなぁ。
明日のもしもしは、どんなもしもしなんだろう。
うーん、どんなもしもしでもいいや。
早く明日にならないかなぁ。

Written by ken1

2010/09/20 @ 02:41

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。