風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #154

leave a comment »

 少し眠くなってきたぼくは、BGMをアイドルからハードロックに変えた。
「だめ?」
「いいよ」
 高速道路は予想以上の渋滞で、一般道に逃げようにも次のICは遥か彼方。
 きみもしばらくは動かない景色に視線を向けつつ、切り替えたBGMに耳を傾ける。
「もしもし」
「なに?」
「この曲で運転大丈夫?」
 怪訝そうな顔のきみは言葉を続ける。
「こんなに寂しい曲ばっかりだったっけ、このバンド」
 ぼくらが出会う前にはやっていたこのバンド、
 ぼくはぼくの思い出があり、きみはきみの思い出があって、
 きっとずっと以前のきみの何かに触れたんだね。
 ぼくらはそのままだまってそのバンドを聴いていた。
 渋滞はまだ解消されない。

Written by ken1

2010/10/03 @ 21:33

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。