風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #155

leave a comment »

 空気が少しだけぼくの肌をきゅっとさせる。
 新聞受けから新聞を抜き取りながら、ぼくは空を見上げる。
ー雨が上がりましたね。
 空を通して、きみに話しかけてみる。
 まだまだこの雲の様子じゃ、お誘いはないな。
ーもしもし、雨が上がったよ。公園にお散歩に行こっ。
 以前と同じようにきみが声をかけてくるには、もう少し雲の切れ間が必要かな。
 明日にはきみのもしもしが聞けますように。
 仕事疲れでたぶんまだ布団の中にすやすやしているきみを想ってみた。

Written by ken1

2010/10/10 @ 14:57

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。