風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #164

leave a comment »

「もう年賀状書かなくっちゃね」
 でもそれほど切羽詰まった様子もなく、きみは蜜柑を鞄から取り出しながら、さらりと言った。
「どんな絵柄にしようかなぁ」
 蜜柑の皮をむいて、半分をぼくに差し出す。
「あっ、まだ年賀状買ってないや」
 蜜柑を口に頬張ったまま、もごもごと言っている。
 今年はきみからどんな年賀状が届くのだろう。
 目の前のそんな調子じゃ、元旦には届かないかな。
 公園のベンチで逆光の中にいるきみを、目を細めて見ていると、きみが顔を近づけてきた。
ーもしもし、今から年賀状買いに行くの付合ってよ、ねっ。
 こんなところで耳元に甘くささやかれてもなぁ。
 きみはもう一個蜜柑を取り出すと、ぼくにそのまま手渡した。
「おだちんっ。ねっ」
 しようがない、立ち上がるか。
 ぼくの苦笑いが、きみの笑顔を作ったようだ。

Written by ken1

2010/12/12 @ 19:20

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。