風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #169

leave a comment »

「だからね」ときみは言葉を続ける。
 ぼくはきみの横でなみなみに注がれたロックグラスを傾ける。
「ちゃんと聞いてくれてるのかなぁ」
 大丈夫、ちゃんて聞いてるよとグラスを置いて頷いてみせる。
「ならいいけど」ときみはピンク色のカクテルを口につける。
 ぼくもまたグラスを傾ける。
「どう思う?」
「いいんじゃない」
「そう」
 ちょっとだけふたりの間の時間が止まる。
「もしもし。ほんとに聞いてる?ちゃんと考えてくれてる?」
「もちろん」
 ぼくはきみのカクテルグラスにぼくのロックグラスを重ねる。
 ちょっとしたよい音がふたりの笑みを誘う。
「もしもし?ほんとは聞き流してるでしょ」
 そんなことはないよ、とぼくはグラスの氷をカランと回す。
「ふぅん」
 きみはピンクのカクテル越しにぼくを覗き込む。

Written by ken1

2011/01/23 @ 18:09

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。