風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #172

leave a comment »

「僕の一日の最後に、君がいてほしい」
「もしもし、もしかして口説いてる?」
「いいや、こんな書き込みがツイッターにあったからさ」
「もしもし、でも声に出して読み上げてるよ」
「うん、いい言葉だなと思ってさ」
「もしもし、その言葉で口説かれてあげてもいいよ」
 テーブルの下で、きみの右足がぼくの左足をつつく。
 きみは両肘をつき、両手で頬を覆っている。
 そして、いい表情だ。
「もしもし、もう一回読み上げて」
「いいよ」
 ぼくらは少しだけ顔を寄せた。

Written by ken1

2011/02/13 @ 19:32

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。