風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #179

leave a comment »

 桜の花びらがひらひらと舞落ちる中で、
 きみは目を閉じて、空を仰ぐ。
「ん、桜をね、感じてるのよ」
 そう言ってきみはまた方向を変えて天を仰ぐ。
「もしもしって」
「えっ」
「桜もね、わたしにもしもしってささやくの」
 きみはうれしそうに目を細める。
「ねっ、写真撮って」
 そのつもりだよ。
 ぼくは久しぶりにライカを構えて、
 少しでも多くの桜の花びらに包まれたきみを捕らえようとした。

Written by ken1

2011/04/10 @ 23:16

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。