風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #183

leave a comment »

「つまんない」
ーそー言われても。
「あれとこれとそれはどうするつもり?」
ーだよねぇ。
 ケーキと珈琲豆をもってきみはぼくの部屋に現れた。
 それもそれはず、ぼくは今この部屋から、いやいやこのスペースから身動き取れないのだから。
「動かないと元気そうにみえるのにね」
 心配しているのか、茶化しに来たのか。
「もしもし」
 きみは心配してるのよと、にっこり笑ってぼくにメモを差し出した。
「書き換えといたよ、お休み中の予定表」
 腰を痛めて身動きの取れないぼくは、書き換えてもらった予定表を受け取って、苦笑いするしかないよねぇ。

Written by ken1

2011/05/08 @ 00:54

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。