風、空、きみ

talk to myself

LET THE RIGHT ONE IN

leave a comment »

ぼくのエリ 200歳の少女。2008年のスウェーデンの作品です。美しいホラー映画です。胸にキュンとくるものもあり、切ないものもあり、色も綺麗で、当然かなり血も流れるし、傷の切り口とかはいまいちかもしれないけど、ひんやりとした全体感の中にもふたりの交流が温かく。ぜひお奨めします。と言うよりこれを薦めてくれたそこのあなた、ありがとう。

Written by ken1

2011/05/08 @ 01:22

カテゴリー: cinema

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。