風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #185

leave a comment »

ーもうこんな時間なんだ。
ーそうだネ。
 ぼくはフローリングに寝っ転がって、
 開け放した窓の向こうの青空を見る。陽も長くなったもんだ。
ー何してた、今日?
ーきみのこと考えてた。
 ぼくの親指は何の躊躇もなく、きみからのメールに歯の浮くようなセリフを返信する。我ながらすごいな。
ーもしもしぃ。まったくぅ。
 きみが青空の向こうで笑っている。きっとあきれて笑っている。
ーほんとだよ。
 畳み掛けるぼくの親指。たしかにすごい。
ーはいはい。
 きみは軽く受け流す。
 そしてぼくらはこれから会う約束を交わした。

Written by ken1

2011/05/21 @ 17:03

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。