風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #192

leave a comment »

「今から軽井沢行こうよぉ」
 今朝のきみからの目覚まし電話は、まったくの突然のお誘いだった。
 お誘い?ではなく、おねだりか。
「暑くなる前にこっちを離れるのはよいアイディアだと思うんだ」
 連日の猛暑、確かに今から都心を離れるのは正解かも。
「それにね、ランチが向こうでとれるよ。どう?」
「いいね」
 ぼくは冷蔵庫からよく冷えたミネラルウォーターを取り出し、喉を潤した。目覚めの一口。
「えっ?もしもし?ほんと?もしもし?もしもし?」
 言い出したのはきみ。
 そして驚いているのもきみ。
「ピックアップするから早く準備にとりかかりなよ」
「わぁあ、お化粧お化粧」
ー大丈夫、きみのすっぴんはかなりいけてるんだから。
 携帯の向こう側で慌て始めたきみ。
 ぼくはもう一口喉を潤した。

Written by ken1

2011/07/17 @ 10:23

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。