風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #194

leave a comment »

ーDo you remember me ?
 きみからのメールが届く。
 いつものことなんだろうけど、時差13時間のこの地では、いつも以上になんとなく口元が緩んでしまう。
ーHello, hello, do you remember me ?
 木陰のベンチに腰掛けて、光の加減でスマートフォンの画面を見やすくすると、すかさず次のメールが届いた。
 メールで返信してもよいけれど、ここはちょっとサプライズでSkype経由の電話をかけてみよう。
「もしもし」と日本語でぼく。
「あれぇ?」とメール返信を待っていたきみ。
「そっちは真夜中でしょ」
「そっちはお昼すぎだね」
「快晴だけど思ってたほど暑くはないよ」
「こっちは昨日からずっと曇り」
 他愛もない会話、でもなんとなく、なんでだろ、ふたりとも素直な感じ。
「もしもし、どうしたの」
「いやなんでもないよ。いつもどおりだなぁってさ」
 きみもぼくも妙に照れている気がした。

Written by ken1

2011/07/31 @ 22:49

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。