風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #198

leave a comment »

ー気持ちいいね。
ーそうだね。
 挽き終えた珈琲豆をドリッパーに移しながら、右手ではお湯を沸かしている。
 2杯分の豆を挽いたが、きみはこのケイタイの向こうにいる。
 きみとの一言のメールのやりとりの間に、
 挽いた豆が浮かないように、ゆっくりとお湯を置くように注ぐ。
 気持ちのいい朝、窓からの風がキッチンを通り抜ける。
ーねぇ午前中にお散歩しようよ。
ーじゃあ、あの公園でどう。
ーうん。あれ?もしもし?
 風が止んだ瞬間、キッチンは珈琲の香りで満たされた。
ー珈琲楽しんでるでしょ?
ーきみの分もあるよ。
ーずるいっ。
 今朝の珈琲は我ながら美味しくはいっている。
ーもしもし、公園の帰りにそっち寄るからね。またいれてよ。
 今日は何杯でも上手にいれることができそう。
ーお楽しみにどうぞ。
 公園に向かうまでにはまだ時間があるな。
 ぼくはもう少しだけ珈琲タイムを楽しむことにした。

Written by ken1

2011/08/28 @ 11:36

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。