風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #200

leave a comment »

ーきみの温もりだけがあればいい。
と2本目のワインを開けながら、きみにメールしてみた。
それから30分、ぼくのケイタイは眠ったまんま。
まぁ深夜も3時に近くなると、そんなもんかな。
送信ボックスにあるこのメールを、ワイン片手に読み返してみる。
アルコールが入らないと書けない台詞だな。
苦笑いしているぼくがここにいる。
ー舌っ足らずのきみのもしもし、聞きたいな。
また歯の浮くような台詞を、ぼくの指は打ち綴る。
だからアルコールは良くない。
わかってるはずなのに、
それでも、そしてきみへの送信ボタンを押下する。
まったくさぁ、きみのもしもしって不思議だね。

Written by ken1

2011/09/10 @ 19:12

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。