風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #205

leave a comment »

「もしもし、あのね」
 きみがハニカミながら、ちっちゃな声でぼくに話しかける。
「もしもし、だからね」
 珈琲テーブルを挟んで、きみがもじもじしている。
 きみの肩越しに見える空は涼しげに澄んでいて、その先には秋独特の薄い雲が見える。
 午前中のカフェテリア、一歩だけ外に出ているテーブルには鳥のさえずりだけが聞こえてくる。
「どこ見てるの。忘れてるでしょ」
 ハニカンだ表情に少しだけ唇をつきだしている。
 大丈夫、覚えているよ。
「午後はゆっくり散歩しよっ。手をつないでさ」
 今日はふたりが知り合った日、忘れるわけはないのにね。
「もしもしっ、もしもしっ」
 きみは照れくさそうに繰り返した。

Written by ken1

2011/10/16 @ 12:04

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。