風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #210

leave a comment »

 一晩、きみに預けたカメラ。うまく撮れてるのかな。
 軽くそんな心配をしながら、
 でも基本操作は事前に教えたので、実のところまぁそんなに心配もしていなく。
 ただどんなタイミングでカメラを取り出して、いったいどんな写真を撮ってくるのか、
 結構、楽しみにしているぼくがいる。
 そんな時間をひとりグラスを傾けながらすごしていると
ーもしもし。ファインダー真っ黒、見えない。
ーもしもし。近くにピントが合わない。
ーもしもし。他の人に触らせてもいい?
 いきなり三通のもしもしメール。
 撮り始めたということか。わかりやすいな。
 ひとつ、露出補正でアンダーになっていませんか。
 ふたつ、デジカメとは言え古いレンズを装着しています。最短焦点距離は80cmです。
 みっつ、よいよ。みんなで楽しみなさい。
ー了解。もう大丈夫。
 カメラを構えたきみの姿が目に浮かぶ。
「楽しそうでいいなぁ」
 ぼくはぼそりとひとりつぶやいた。

Written by ken1

2011/11/20 @ 11:02

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。