風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #211

leave a comment »

 ほんと久しぶりに、かつて行きつけだったバーに行ってみた。
 銀座のルパンよりも古いバー。
 先代が亡くなり、バーテンダーさんも何人か代替わりしている。
 そしてまた代替わりをし、お店だけは脈々と続いていく。
 まるでお店がひとつの生き物ののように。
「このお店の灯を消さないように、誰かが引き継いでいくんですよ」
 そんな話を新しいバーテンダーさんとしながら、また一杯グラスをいただく。
ーもしもし、ひとり浸ってるでしょ。
 きみからのメールも、今夜はなんとなく控えめな感じがした。
「今度は彼女と来ますね」
 バーテンダーさんは笑顔でゆっくりと頷いた。

Written by ken1

2011/11/26 @ 19:53

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。