風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #212

leave a comment »

「必要なのは言葉じゃないよ。ただそばにいてくれること、それだけでいいの」
 きみがそう言った。
 言ってないかも知れない。
 でも、ぼくにはそう伝わった。
ー言ってくれないと、わからないじゃない。
 ずっと以前、きみからそう言われたことを思い出した。
 目の前のきみを見つめ返しながら、きみのふたつの気持ちを並べてみる。
 矛盾はしていない。
「もしもし、聞いてる?」
 わかってるよ。
 ぼくは頷くと、きみのおでこにキスをした。

Written by ken1

2011/12/04 @ 15:53

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。