風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #213

leave a comment »

 ひさしぶりにきみに会った気がする。
「そうかなぁ」
 きみの両手は温かな珈琲カップを包み込んでいる。
 かじかんだ指を温めるのにちょうど良さそう。
「もしかして」
 きみは外の寒さから落ち着くと、上目遣いにぼくを見つめる。
「もしもしっ」
 少し強めの口調。
「もしかして、前回、いつどこで会って何したか、忘れてなぁい」
 そんなことはないのだが、一瞬だけぼくらの時間が止まった。
「やっぱりね」
 いやいやいや、ぼくは懸命に首を横に振る。

Written by ken1

2011/12/11 @ 12:34

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。