風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #218

leave a comment »

 古いバーのカウンターできみとグラスを酌み交わす。
 真新しいコートでぼくより5分遅れて到着したきみ。
 寒いよねぇと両手をこすっている。
 ナッツしか出てこないこのお店で、空きっ腹に直接ウイスキーを流し込む。
 そこまでつきあう必要もないのに、同じものを注文するきみ。
 酔いが回るのが少しだけ早いみたい。
 薄明かりの中、ほんのりとピンクに染まったきみのほほ。
「もしもし、これからどうするつもりなの」
 アルコールの分だけ艶っぽい仕草で、きみが5cmの距離で問いかける。
ーさてとどうしましょうかねぇ。
 頼んだばっかりのお代わりがもどかしく思えた。

Written by ken1

2012/01/15 @ 18:15

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。