風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #219

leave a comment »

「凍えるねぇ」
「もう凍えてるよ」
 きみとふたりで予約したお店を探す表参道。
 かんたんに見つかるはずのお店が見つからない。
「お店に電話してみよっか」
「も少しこのまま探そ」
 きみが身体をすり寄せ、腕を組んでくる。
 重なった腕の辺りが温かい。
 まぁ確かに悪くもないな。
「もしもし、ちゃんと探すんだよ」
 ちょっと気を許したぼくに、
 はなのあたまを赤くしたきみが白い息をかけてきた。

Written by ken1

2012/01/21 @ 18:58

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。