風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #221

leave a comment »

「来てくれたんだ」
 ドアの隙間からきみが言う。
「いいからチェーン外して中に入れてもらえないかな」
 ぼくはスーパーのビニール袋を、きみの目の高さに持ち上げてみる。
 チェーンが外され、ドアは開いたが、
 きみは首を横に振る。
「だめだよ、入っちゃ、うつっちゃうもん」
 大丈夫だよ、とぼくも首を横に振る。
 そして、きみの手をとり、ほっぺにキスをする。
「もしもし、ほんとうつるんだから」
「そのときはそのときさ」
 ぼくは後ろ手にドアを閉めた。

Written by ken1

2012/02/05 @ 16:11

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。