風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #223

leave a comment »

「ねぇねぇ、ぼくに何か言うことないかな」
 テーブルを挟んで、珈琲カップで両手を温めているきみに尋ねてみる。
 きみはきょとんと不思議な表情をする。
「だから、何か気づかない?」
 きみは珈琲カップを口元に運びながら、顔をちょっとだけぼくに近づける。
「もしもーし」
 そして少し唇を突き出し、言葉を続ける。
「めんどくさいひとねぇ。気づいてましたよ」
「どう、どう」
「いいんじゃない、似合ってるよ」
 ぼくは買ったばかりの真新しいメガネを上機嫌に触ってみせる。
「でもね、ひとりで決めて、ひとりで買ったんでしょ、わたしにちよっとでも相談なんてなしにさ」
ーおや、そうきましたか。そりゃそのとおりだけど。。。
 きみはぼくからメガネを取り上げると、
「でもまぁ、うん、いい感じね」
 と言って、ぼくに掛け直してくれた。

Written by ken1

2012/02/18 @ 16:10

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。