風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #226

leave a comment »

ーけっこう遠いんだな。
 自分に言い聞かせるように、きみにメールしてみる。
 飛行機から降りて、ローカル電車を2本乗り継ぐ。
 昔はもっと便が良かった気がする。気のせいかな。
 車窓からは懐かしい連山が見える。
 何も変わっちゃいないとばかりに、どっしりと構えている。
ーもしもし。
 えっ、きみは今、仕事中のはず。
ーいってらっしゃい。楽しんで来なね。魂のお洗濯。
 数時間前、フライト待ちの空港できみから届いたメールが、声となって聞こえて来た。
 そんな気がした。
 ちょっとした帰省。なかなか帰らないぼくへのきみの後押し。
 差し込む日射しが少しだけ眩しかった。

Written by ken1

2012/03/13 @ 20:12

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。