風、空、きみ

talk to myself

八日目の蝉

leave a comment »

八日目の蝉。角田光代。第二回中央公論文芸賞受賞作。そして2011年の日本アカデミー賞、ブルーリボン賞総なめの原作ですね。「心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ」とのコピーですが、淡々と語り聞かせるように進んでいった気がしています。何か詩を読んでいるような。そんな印象はぼくだけかな。少し置いてビデオ観てみることにします。読みやすかったです。

Written by ken1

2012/03/18 @ 00:45

カテゴリー: book

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。