風、空、きみ

talk to myself

THE KING’S SPEECH

leave a comment »

英国王のスピーチ。2010年アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を獲得した作品。ジョージ6世の偉大さはみなさんご存知、をベースにして、その偉大な王ですらこんなにも内面的に苦しんだんですよという作品。みごとに手堅くまとめた過去にない王室映画ですね。ジョージ6世とライオネルとのユーモラスなやり取りも、友情も含め楽しめました。ただし最後は苦悩を知っているからこその拍手なんでしょうが、そうじゃなけりゃそれほどのスピーチかどうかは疑問なんですよねぇ。

Written by ken1

2012/05/06 @ 17:48

カテゴリー: cinema

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。