風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #234

leave a comment »

「きみに会うまでの、昨日までのわたしはいらない」
 突然きみが顔を近づけて来て、ほんとに目と鼻の先でぼくにこう言った。
 久しぶりにこんな近くできみを見た気がした。
ー近づきすぎだよ。
 ぼくの脳裏に横しまな考えがよぎる。
「もしもし、変なこと考えてるでしょ。そんな顔したぁ」
「っ。それよりさぁ、さっきの台詞は何」
 できるだけ自然な感じで話題を戻そうと試みる。
「どっかで見たの。受け売り。でもいいでしょ。言われてみてどう?」
 そしてまたきみは顔を近づけてくる。
ーだからさぁ、近づけすぎだってば。

Written by ken1

2012/05/13 @ 00:39

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。