風、空、きみ

talk to myself

死神の精度

leave a comment »

死神の精度。伊坂幸太郎著。早く読み終えたいのに読み終わるのが残念な感じでした。難しい作品でもなく、まぁ文芸作品ではないでしょうから好き嫌いは分かれるかな。まっわたし的には楽しめましたし、別の作品も今読んでいます。で、この作品もそうですが、結局一番理解しがたいのは人間なんでしょうね。そして短編集ですが「そう来ましたか」で締めくくられたのはうれしかったです。でもね、ぼく自身は死ぬときに何を思って逝くのかなぁと。

そうそう2008年に金城武主演で映画化されています。あんまり評価よくないけど。かなりよくないか。

Written by ken1

2012/05/27 @ 04:23

カテゴリー: book

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。