風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #242

leave a comment »

 横に並んで歩いていたはずのきみが、後ろから声をかけてくる。
 繁華街の裏通り、前からの人とぶつからないように後ろに回ったんだね。
「ここに入ろっ」
 きみが暖簾の下がった古めかしいお店を指差している。
 そうだね、金曜夜、予約なしで入れるお店はなかなか見つからない。
 夜の曇天からぽつりとぼくの顔を濡らすものもある。
 そしてかなり蒸し始めいる。
 そろそろお店を決めたいところ。これだけ古めかしいと盲点かも知れないね。
「もしもし、ふたり入れますか?」
 ここでもきみはもしもしを使うんだ。
 そんなきみの横顔を見ていると、早くきみととことん冷えたビールを呑みたくなった。

Written by ken1

2012/07/07 @ 12:54

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。