風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #259

leave a comment »

ーもしもし、拾えた?
ーうん、もう乗ってるよ。
ー行き先、ちゃんと言えた?
ー大丈夫大丈夫。
ーしっかりしてよ、まったくぅ。
 どのくらい寝ていたのだろう。
 運転手さんにケータイが鳴っていると起こされた。
「・・・」
「もしもし」
「はい」
「わかってないでしょ。運転手さんに代わって」
 運転手さんは車を端に寄せるとぼくからケータイを受け取った。
 またうとうととしているとケータイがぼくに戻って来た。
「行き先変えたよ。わたしんちの方が近いもん」
「はい」
「もしもしぃ」
 ぼくはケータイを切ると、運転手さんに声をかけた。
「よろしくお願いします」
 今夜のもしもしはきみの心配の証。
 わかっているけど、少し飲み過ぎたようだ。

Written by ken1

2012/11/06 @ 00:18

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。