風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #265

leave a comment »

「もしもし、どうしてわたしと一緒にいるのかな」
 きみはさっき買って来たファッション誌、ぼくは大好きな写真家の写真集をそれぞれ観ていると
 突然、きみが聞いてきた。
「わたしといると楽しいから一緒にいるのかな」
 写真集から顔を上げてきみを見ると、きみの視線はファッション誌に向いたまま。
 そのままの姿勢できみは続きを聞いてきた。
「どうしてだろう。世の中にはこんなにもきれいな女性がたくさんいるのに」
「どうしてだろうね」
「答えになってないよ」
 きみはそれでもファッション誌に視線を落としたまま、ぼくの方を見ようとしない。
「そうだねぇ」
 ぼくも写真集に視線を戻して、
「きっといつか、たいくつな時間がふたりを包む時が来ても、きみとならやっていけそうな気がしてるからかもね」
 パラッと雑誌を閉じる音がした。
「何それ。変なの」
「うん、この感覚、変かもね」
 ぼくらはちょっとだけ顔を見合わせ、きみはまたファッション誌、そしてぼくは写真集に目を落とす。

Written by ken1

2012/12/15 @ 18:27

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。