風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #268

leave a comment »

 新年早々、きみがおせち料理を持ってきてくれた。実家からのお裾分けなのかな。
「わたしが、作ったのよ」
 かなり自慢げにお重から取り分け、きれいに並べ始める。
 うん、かなり美味しそうだね。
「美味しそうじゃないの、ほんとに美味しいんだよ」
 きみの配膳は手際よい。あっと言う間にテーブルは昨日までの殺風景さから別世界へと切り替わる。
「ところで初おみくじ、どうだった?」
 ぼくはにんまりときみを見つめ、今年も完璧ってきみに伝える。
「毎年毎年引いた言葉を都合よく解釈してるでしょ。そんなに甘くないわよ」
 でもね、とぼくはとある映画のひとつの台詞を思い出す。
ー世の中甘く見てる方が安心だ。どこにも光がないと絶望しているより。
「もしもし、また都合の良い事を言おうとしてるでしょ」
 きみはお雑煮まで作ってくれた。
 ありがたいなぁ。今年も完璧です。

Written by ken1

2013/01/06 @ 13:07

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。