風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #269

leave a comment »

ー雪だから丸くなってんでしょ。
ーいや、がんがんに暖房点けて背筋のばして本読んでる。
ー外は沈々だね。
ーうん、確かに誰も外出していないと何も音がしないね。
ー静かに読書?
ーそして、きみとメール。
ーわたしと電話は?
ーちょっと待ってて。
 5分後ぼくらは電話で声を聞き、7分後にはFaceTimeでつながっていた。
「やっぱりね」
「そっちこそ」
 ちょっと待たせている間に、きみもぼくも珈琲をいれていた。
「映像だけじゃなくて香りも届くといいのにね」
「そうだね。きっとそうなるよ、たぶん」
「きっとなの?たぶんなの?」
 他愛もない会話が続く。
「ねぇ、聞きたい?」
「何かな?」
「聞かせたげる」
 きみは声に出さず、口を分かりやすく動かした。
「それ口ぐせだもんね」
「わたしの口ぐせ、好きなくせに」
 きみはまた分かりやすく口を動かした。

Written by ken1

2013/01/14 @ 18:25

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。