風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #273

leave a comment »

 背の低い連山がバスの車窓から見える。
 威圧感はなく、優しさすら感じられる。
「おかえりなさい」
 差し込む暖かい日射しにも包まれ、そんな声まで聞こえてきそうな車中だった。
ーそろそろ着くのかな。
 季節外れに帰省するぼくを空港まで送ってくれたきみからメールが届く。
ーまだ空港からの高速パスの中だよ。もう少しかかるかな。
 そしてまた懐かしい風景を眺めつつ、ぼくはまどろむ。
ーそろそろ着くのかな。
 まったく同じメールに、ぼくは起こされ苦笑いする。
ーそうだね、次の駅かな。起こしてくれてありがとう。
ーもしもし、ちゃんと親孝行するんだよ。優しく肩でも揉んであげるんだよ。
 あぁ肩を揉むなんてことすっかり忘れていたよ。
 きみにもう一回「ありがとう」って返信しようとしたとき、バスの運転手さんが次の停車をアナウンスした。

Written by ken1

2013/02/11 @ 14:33

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。