風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #283

leave a comment »

 きみは真新しいペンを手に入れたようだ。
「これね、万年筆のインクを使うローラーボールペンなの」
 それが何を意味しているのか、ちゃんと理解しているかな。と万年筆使いのぼくは思う。
「インクのカートリッジを変えて、気分次第の色で書けるボールペンってことよ。それも万年筆のインクで。ね」
 手帳を開いて、さらさらとペンを走らせるきみ。楽しそうだね。
 そしてそのペンをぼくに手渡す。
 書いてみてよと新しいページを開いて手帳も差し出す。
 いいよ、とぼくはまずボディの手触りを確認する。
 重さも手頃だ。きみの手帳にHelloと書いてみる。
「書き心地はいかが」
「うん、悪くない」
「・・・もしもしっ。何それ」
「あっ」ぼくは頭をかきながら
「うん、なかなかいいね」と正しい言葉に言い換える。
「でしょ、でしょ、でしょ」ときみは上機嫌。
「お気に召した?もうすぐ誕生日でしょ。差し上げますっ」
「えっ」
 きみは覗き込むようにぼくを見ている。

Written by ken1

2013/04/21 @ 01:02

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。