風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #288

leave a comment »

 いつもの小道でイベントが開催されていた。
 小さなステージではかわいいと言うよりは、うさぎとしては巨大すぎる着ぐるみがMCのおねえさんと所狭しとやり取りをしている。
 トタン板1枚で仕切られたバックヤードでは露なコスチュームのおねえさんたちが出番を待っている。
 うさぎさんに奇声をあげている子どもたちにもあのコスチュームを見せるのか、不思議なステージは盛況だった。
ーだから思うように歩けなくて遅れそう。
ー次のおねえさんたちのパフォーマンスを見たいんでしょ。
 確かにこんなタイミングはそうざらにないからシャッターチャンスでもある。
 それよりもいつものんびり歩けるこの通りが、誰とでも肩がぶつかるほどに混んでいるのだから、正直まともに歩けない。
ーだから遅れるんだよ。
ーもしもし。だからだからって怪しい。
ーだからそう言われても。
ーほら。
 うさぎさんが引っ込んだ。少し間があるらしい。なるほど子どもたちはここでステージから離れていくわけか。それなりに進行は考えられているようだ。
 でも余計に通りは歩きづらくなりそうだな。
ーわたしがそっちに行くから。あの当たりでしょ。行けば会えるよね。
 ありがたいことで。
 ぼくは子どもたちが去り始めたスデージ前、でもちょっとはずかしいから少しだけ横の方のスペースに移動する。
 いやいや、きみがぼくに声をかけやすいように横の方のスペースに行く事にする。
ー分かりやすい場所にいるよ。
 晴天にも恵まれ、今日のイベントは成功なんだろうな。

Written by ken1

2013/05/26 @ 12:08

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。