風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #291

leave a comment »

 ボンジュールと言ってみたり、オーボォアと言ってみたり。たまにはサバ、サリュ。
 いろんなときにきみが口にするもしもしは、どの言葉に一番近いんだろう。
 こっちでしかお目にかかれない、広い青空に浮かんでいるまさに大陸型の白い雲を見上げながら、
 そんなことを思った。
 そして観光客のいない1本裏の路地に入り、石畳のありように昔ながらのこの地を感じてみる。
 きみへのメインのお土産はこの街の空気を写し取った写真と、それにまつわるぼくの物語かな。
 飛行機で12時間、時差で7時間のこの地から、きみのもしもしを思い出しています。

Written by ken1

2013/06/18 @ 11:57

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。