風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #295

leave a comment »

 先日きみから送られてきた週末のみ有効な回数券で電車に乗った。
 乗る前に切符の自販機の上に表示されている乗車区間を確かめた。
 そして手元の回数券の金額を見る。
 なるほどね、ぼくは納得して電車に乗り込み、ぼくの駅からこの回数券で行ける駅に向かった。
ー回数券で乗ったら、この駅で下ろされた。
 改札を出て、きみにメールする。
ー下ろされたんじゃなくて、わたしに会いたくて降りたんでしょ。
 にっこりマークの絵文字が入った返信がすぐさま届いた。
ーきみが届けた回数券じゃあ、ここまでしかこれないよ。
ーうぅん、ここまでしかこれないんじゃなくて、ここまで来れるのよ。
 今日のきみからの返信はいつになく早い気がする。
ーじゃ、わたしんちまでいらっしゃい。
 今日はきみに操られてるみたい、でもそれもいいか。
ーもしもし、そしてね。
 ここで一旦メールが途切れた。
 ぼくは続きが知りたくて、スマホの画面を見入ったままきみの家まで歩き始める。
ーゆっくりしよ。寝てもいいのよ。わたしのひざで質の良い睡眠に誘ってあげる。
 ぼくは立ち止まり、あたりを見回してしまう。
 誰もぼくのスマホを覗き込んでいる訳でもないのに、ぼくはちょっとどきっとし周りを見渡した。

Written by ken1

2013/07/14 @ 12:36

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。