風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #297

leave a comment »

 目抜き通りを肩が触る感覚で散歩していると、
「日焼けしちゃった。やだなぁ」ときみがぼくに腕を見せる。
「健康的でいいじゃん」とぼくは軽く受け流す。
「今はいいんだけどさ。何年か後にシミになるんだよ」
 そんな先のことより、今健康的に見えてほんとにいいんだけどなぁ。
「だめよ」
 きみは肩からかけたトートバッグからおもむろに何やら取り出す。
 それは真っ黒な日傘。
「そんな不思議そうな顔しないでよ」
 最近の女子は日傘を持ち歩いてるのかな。
 みんな、バッグに潜ませてるのかな。
「もしもし」
 ぼくはかなり不思議そうな顔をしたんだろうな、
 きみは何か言いかけて、いつものもしもしで言葉を止めた。
 そして少し間を空け、たぶん言葉を変えてぼくに話しかけた。
「もしもし。大人の女性って感じしない?」
 日傘を広げてくるりと一回転するきみには、まだ少女っぽさが残っていた。

Written by ken1

2013/07/28 @ 01:14

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。