風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #303

leave a comment »

ーもしもし。
 と、きみがつま先でぼくの右足をつつく。
 カウンターに並んで、ふたりして深夜の珈琲。
「何になさいますか」とのバーテンダーの問いかけにふたり口を揃えて珈琲と答えた。
「ぼくは苦めの。きみは」
「わたしはまろやかなのをお願いします」
 静かに頷くバーテンダーさんはほどなく香りよい珈琲を出してくれた。
ー美味しいね。
ーうん。

一軒目で焼き鳥を食べて、二軒目でカクテルを飲んで、ここは三軒目。
ーもしもし。
 またきみが右足をつつく。
ーそろそろ終電なくなるのかな。
ーぼくの終電は今出たくらいかな。
ーそう。
 きみは少しだけぼくの右肩に寄り添った。

Written by ken1

2013/09/08 @ 10:03

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。