風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #308

leave a comment »

「もしもし、起きてますかぁ」
「もしもし、珈琲飲みますかぁ」
 ほぼ10分置きにきみが声をかけてくる。
 そんなに心配しなくても、まだまだ大丈夫だよ。
 ぼくはその都度「さんきゅ」と答える。
 この先渋滞52Km。高速道路の電光掲示板がいっこうに減らない距離数を知らせてくれる。
ーおっと、急にブレーキをかけないでくれよ。
ーおいおい、割り込むんでもウインカーは出してくれよ。
 そんなことを言いたくなる車が2台続いた。
「もしもし、フリスクはどうですかぁ」
 きみは察知したのかな。
 確かにブレーキを踏み込むタイミングがワンテンポ遅れたかも。
 それでもぼくはまた「さんきゅ」と答えた。

Written by ken1

2013/10/15 @ 00:21

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。