風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #312

leave a comment »

朝晩がそれなりに肌寒くなってきたと思っていたら、
今日は昼間から身体の芯が冷える。
「こんなときはわたしの珈琲でしょ。あっついの入れたげる」
きみはキッチンに立ち、グラインダーで豆を挽きだす。
挽かれた豆のいい香りが、こっちの部屋まで香ってくる。
ぼくは香りに魅かれるようにキッチンに足を踏み入れ、
きみを背中から抱きしめた。
「珈琲、まだかな」
「もしもし、珈琲よりほんとはわたしの人肌が恋しいんじゃないのぉ」
きみはいたずらっぽい笑顔で振り返った。

Written by ken1

2013/11/10 @ 19:00

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。