風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #316

leave a comment »

「気の合う仲間との飲み会は楽しいよね」
 昼前にきみはやってきて、ぼくのベッドサイドに腰掛ける。
「でもね、そろそろ起きましょう」
「楽しくて、時間忘れて、帰ってくるの遅くなったんだろうけどさ」
「もうお昼だし」
「でもね、メール1本くれてもいいと思うんだよね」
「メールが面倒だったら、LINEでもいいし。スタンプだったら簡単じゃん」
「わたしも少しは心配するわけだし」
「でもね、拘束してるわけじゃないのよ」
「昨夜のみんなのことはよく知ってるし」
「わたしもたまには顔だしてるし」
「でもね、わたしが参加しないときに限って遅くない?」
 ぼくはまだ眠たくて、ベッドの中でもぞもぞと動く。
「もしもーし、聞こえてますか。もしもーし、聞いてますか」
「もしもし、珈琲入ってるよ。冷めちゃうよ」
 ぼくは珈琲という単語にぴくんとしたけど、まだもぞもぞとしている。

Written by ken1

2013/12/07 @ 23:46

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。